肥満について

生活習慣病の1つ、肥満とはどんな病気なのでしょうか。
ここでは肥満の原因と予防ついてわかりやすくまとめました。

肥満とは

肥満とは体に余分な脂肪がついている状態。
健康診断で見たことがあると思いますが、BMIという数値を使って肥満度を測定します。
BMIは体重÷身長(m)÷身長(m)で計算されます。

例えば身長160cm 体重60kg だとすると、BMIは60÷1.6÷1.6=23.4
BMIは25以上の場合が肥満なのでセーフ。

では、同じ身長160cm 体重が70kgだとどうでしょう。
BMIは70÷1.6÷1.6=27.3 肥満です。

肥満の中にも内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満とがあり、内臓脂肪型肥満は内臓に男性に多く上半身肥満でりんご型、皮下脂肪型肥満は女性に多く、下半身肥満で洋ナシ型と言われます。

内臓脂肪型肥満に加えて高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つがあてはまる状態をメタボリックシンドロームといい、動脈硬化のリスクが高いと言われています。

肥満の原因と予防

肥満の原因はやはり食べ過ぎが一番多いですが、偏った栄養摂取や、食事の時間が定まらない不規則な生活なども原因です。
炭水化物や糖分が多いと脂肪がつきやすく、血糖値も上がります。
食事はなるべく同じ時間に食べ、よく噛んでバランスの良い食事を心がけましょう。

あまり食べていないのに太ってしまう人は基礎代謝が落ちている可能性も考えられます。
運動不足などで筋肉量が低下すると基礎代謝も落ちますので、適度な運動も心がけましょう。

2017年3月25日 肥満について はコメントを受け付けていません。 未分類