脳血管疾患について

生活習慣病の1つ脳血管疾患とはどんな病気なのでしょうか。
ここでは脳血管疾患の種類、原因と予防について、わかりやすくまとめました。

脳血管疾患とは

脳血管疾患は脳卒中ともいわれ、脳の血管が詰まったり破れたりすることで起こります。

種類と特徴を見ていきましょう。

・脳梗塞
脳血栓と脳塞栓とがあり、脳血栓は脳の血管が動脈硬化を起こす病気。
脳塞栓は心疾患で生じた血栓が脳へ運ばれて血管をつまらせる病気です。

脳梗塞の発作が起きると、手足のしびれや麻痺、ろれつが回らないといった症状が現れます。

・頭蓋内出血
脳出血とくも膜下出血とがあり、脳出血は高血圧症などで脳の動脈がやぶれる病気。
くも膜下出血は脳の動脈瘤が破れ、くも膜下腔に血液が流れ込む病気です。

脳出血が起きると、頭痛や吐き気や嘔吐、左右片側の手足の麻痺などが現れ、意識が低下して昏睡に至ることもあります。

原因は

原因は脳の血管そのものに起こる動脈硬化や、心臓の中にできた小さな塞栓が血液の流れに乗って脳の血管に運ばれてきて起こる塞栓動脈硬化が進んで血管の内部が狭くなると、ちょっとした血圧の変化をきっかけに血栓ができて、流れを塞いでしまいます。

予防するには

動脈硬化を予防することが脳血管疾患のの予防につながります。
動脈硬化は高血圧や糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病から起こるので、まずは生活習慣を見直しましょう。
生活習慣の見直しについてはトップページを参考にしてみてください。

2017年3月25日 脳血管疾患について はコメントを受け付けていません。 未分類