心疾患について

生活習慣病の1つ心疾患といわれる狭心症や心筋梗塞はどんな病気なのでしょうか。
ここでは心疾患の原因と予防について、わかりやすくまとめました。

心疾患とは

心臓病のことで、血液循環が不足して心臓の酸素が足りなくなって起きる病気です。
狭心症は心臓の筋肉(心筋)に血液を運ぶ血管(冠動脈)が細くなり、血液が不足して、胸がぎゅっと締めつけられるような痛みが生じます。その冠動脈が完全に塞がってしまうのが心筋梗塞です。
心筋梗塞は、命にかかわる非常に怖い病気です。

また、心不全は心臓のポンプ機能が低下して充分な血液が送り出せない状態、不整脈は心臓の拍動が不規則になった状態をいいます。不整脈には緊急に処置が必要なものもあれば、特に治療の必要がないものもあります。
心室細動という心室が不規則に痙攣して生じる不整脈は高齢者に起こりやすく、脳梗塞や死に至る可能性がありAEDが適応されます。

原因は

血管が狭くなる。塞がる原因とされているのは血液中のコレステロールです。
コレステロールが血管の内壁を傷つけ、傷付いた部分にどんどんコレステロールがたまり、血液の流れを妨げます。これを動脈硬化といい、心疾患の大きな原因です。

予防するには

動脈硬化を予防することが狭心症や心筋梗塞の予防につながります。
動脈硬化は高血圧や糖尿病、肥満、高脂血症などの生活習慣病から起こるので、まずは生活習慣を見直しましょう。
生活習慣の見直しについてはトップページを参考にしてみてください。

2017年3月25日 心疾患について はコメントを受け付けていません。 未分類